カテゴリー別アーカイブ: 未分類

マッサージで流れを促し、むくみを撃退しよう!

さて、これまででむくみを甘くみてはいけないことはよくよく理解しました。
でも「働いていて今の不規則な生活をなかなか変えられない」「職業柄立ちっぱなしの仕事だから仕方ない」など理由があってむくみからは逃れられないと心が折れてしまいそうになっている方もいるでしょう。
しかし、そんな生活をなかなか変えられなくても今の生活に少しだけでもマッサージをプラスするだけですごく楽になるのです!

まず、組織から流れる液体(リンパ)や血液の流れを、手のひらで優しくもみほぐしたりすることによってスムーズに流れるよう促し、溜まっている血液やリンパを流してあげるものをリンパマッサージといいます。このマッサージをすることによってむくみの原因である血液や水分の滞りが軽減するということだそうです。
マッサージはむくみの軽減だけでなく、女性に大敵の冷え性の改善や、やろうと思いながらなかなか継続できないダイエット効果、永遠のテーマであるアンチエイジングなど女性に嬉しい効果があるのも魅力です。手のひらで気になる部分の老廃物を流すようイメージするのがポイントですよ!

次に足のむくみに着目してみましょう。足や足裏にはたくさんのツボがあります。
テレビで足ツボマッサージを体験した芸人さんが悶絶する姿をよく拝見しますよね。
しかしその後には、ききめがあって足が軽くなったりするそうですよ。足ツボ、恐るべしですね。
テレビで見るプロのマッサージ師さんのように無理に力をこめなくても、人差し指や中指を折り曲げて足裏をぐりぐり指で圧をかけることによって、大幅にむくみが改善することもあるそうです。もし興味があれば足ツボの本などに目を通してプロのやり方を参考にするのもいいかもしれませんね。マッサージはすべて筋肉が柔らかくなっていて体がほぐれやすくなっているお風呂後に行うのがベストです。

私も正直むくみというのがこれだけの怖さを秘めた症状だとは思っておらず、ですが、この機会に検診に出かけたり、自宅でマッサージをしたり、マッサージ院にいったりして憎いむくみたちを撃退してはいかがでしょうか。

他にもこんなにある?むくみの恐怖!

これまでは特に声の多い足のむくみについてご紹介しましたが、足のむくみの他にも同じように暴飲暴食や、睡眠不足、ストレスや飲みすぎなどの日頃の生活習慣で手や顔、さらには全身に至るなど、様々なところがむくんでしまうという方も少なくありません。
なかには痛みを伴う場合やむくみが原因で急に体重が増加してしまう場合もあるそうです。

そんなとき、よくある様な水分のむくみだけならいいのですが、「あ~またいつものむくみかぁ・・」などとほうっておいている方が多いんじゃないでしょうか?
実はむくみによって体がキケン信号を発していることもあるんです。
むくみには体全体がむくんでしまう「全身性浮腫」と上記で説明した足など、部分的にむくみが見られる「局所性浮腫」の二種類に分けられることをご存じですか?
その二種類から枝分かれをして病気の種類が分けられていき、なんの疾患に関係しているかがわかってくるそうです。
まずは、全身がむくんでしまう全身性浮腫は心不全や腎不全、ネフローゼ症候群や、肝硬変など臓器に関係している場合や、摂食障害やガンなどによるたんぱく質などの栄養障害による場合、甲状腺機能亢進症または低下症など分泌ホルモンによるものから、薬や脂肪過多によるものもあるそうです。
これら全身性浮腫の場合は要因も多いうえに、目に見えないことも多いため、あまりにひどいようでしたら検診を受けることもおすすめします。

次に顔、手、足など部分的にむくみが発生してしまう局所性浮腫ですが、紹介した下肢静脈瘤やじんましん、やけどや骨折・ねんざなどの外的要因を含んだことが多くみられます。
そのため、全身性と比べても比較的原因の突き止めがしやすく、対処しやすいように思えます。
といってもどのむくみであれ、病気に関係しているものもありこれだけ要因が定まっていないものであるとなると、とても他人事とは言えないですね。
これらの情報も加味しながら普段の食生活や体勢を意識しながら、常に悪いところや直さなければいけないところを改めて見直していく必要があります。

一番の悩ませどころ、足のむくみについて

「なんか足がだる重い・・」「立ち仕事が多くて足がいつのまにかパンパン」「あんまり暴飲暴食してないのに急に足が太くなった気がする!」など、むくみについて一番の悲鳴が聞こえてくる場所が足です。
男性ももちろんですが、女性は少なからず一度はすらっとしたキレイな足に憧れちゃいますよね。何よりふくらはぎがキレイだとより衣服が映えるような気がします。
ですが、紹介したように女性はちょっとしたことが理由でむくみがちな体質を持っており、そんなキレイな足を目指す女性たちにむくみは襲ってきます。

そんな憎たらしい足のむくみは主に「長い時間同じ姿勢の立ち仕事」や座ったまま動きが少ない「デスクワーク」など、同じ体勢を維持した際に起こる全身の血液の流れの悪化からなることが多いようです。
ふくらはぎは「第二の心臓」ともよばれているほど血液の流れを促す役割があるので、そこが動かないことによってふくらはぎや足首にむくみが起きてくるんですね。
これは男性でも思い当たる方はいるでしょう、飛行機をはじめとする電車など、移動に使う乗り物に、長い時間乗った際にエコノミー症候群を起こしてしまうことがありますよね。そのエコノミー症候群も数時間、または十何時間も同じ体勢で着席することにより血液の循環が悪くなり起こるそうです。

また、これらの姿勢などが原因で無くても、忙しい日々に時間だけが過ぎていく様な生活の習慣からくる、運動不足や、ストレスや、なんとかしなければと思いつつもいつもの偏った食事など、足のむくみに繋がる原因になり、さらには最近多くみられる「着圧」の名目で販売されている下着や靴下などを自分に合わないサイズで着用してしまい、血流を圧迫しむくみを引き起こしてしまう場合も。
そしてこれを続けていくことに慢性的なむくみを起こし、怖い病気に繋がってしまう恐れもあるのです・・・!
なかでも、むくみとの関係で知られているのが、「下肢静脈瘤」という病気です。
写真などで症状を見てみると、ふくらはぎに所々ボコボコが浮き出てきて、とてもきれいとは言えない見た目に。これは老廃物を含んだ静脈が詰まりボコボコになるのですね。この病気により足にはむくみの他にだるさ、鈍痛、かゆみなどの症状が起きるようになるそうです。
こういったものを見てみても如何に日頃からこまめにマッサージをするかが大事になってきますね。

多くの女性の大敵、むくみ!をなんとかしたい!

朝、本当なら快適に目覚めるはずなのに、起きたときまぶたが重くて目が開きにくかったり、鏡をみると「あれ?なんか顔いつもよりパンパンに腫れてない・・?」って思うときがあるんですよね。
そんな日は誰にも会いたくなかったり、こんな顔で外に出たくないって感じて一日を憂鬱に過ごしてしまう人も多いでしょう。
私達、特に女性の大敵とも言える「むくみ」という存在。
今回はこのにっくき存在を徹底解剖したいと思います。

まず「むくみ」とは何か?という点です。
むくみとは血流に伴う静脈のつまりや、リンパの滞りなどによって起こる症状のひとつです。人の体の7割を占めているといわれている水分や血しょう成分が、何の問題もなければ栄養分や、酸素をさまざまな組織に運び、血液としてさらさらと心臓を通っていき戻るものです。血しょうは栄養などを届けた後、細胞が使用した二酸化炭素や老廃物を集めててまた、静脈やリンパを通っていくというのが主な働きです。その途中の静脈で働きが悪くなってしまうとそこで血しょうが詰まってしまいスムーズに心臓に戻ることができずに、細胞と細胞の間に余分な水分として全身あるいは体の一部に溜まります。
上記で紹介した通り、このむくみは断然女性が多く悩みを抱えています。
それではなぜ、男性と比較して女性は頻繁にむくみに悩まされることが多いのでしょう。

それは、女性に備わっている「生理」と「妊娠」に関係しているようです。女性には初潮が起き閉経するまで生理が続くのですが、それは生理中に排出される女性ホルモンの一種、「黄体ホルモン」が分泌されるからだそうです。
この黄体ホルモンは水分を体の中にため込む要素を持っており、なんと余分な水分まで蓄えてしまいます。それに加え、生理中は体が冷えやすく血の巡りが悪くなり、リンパの流れが滞りやすい傾向にあるところも響いているそうです。
さらに女性は妊娠することによって赤ちゃんの健やかな成長のために、ご自身と赤ちゃん、二人分の栄養を取るように努めることが最善です。
しかし、なかなか栄養の供給が追い付かずに体内のたんぱく質が足りなくなってしまったり、貧血になってしまうことでむくみにつながってしまうようです。

足のむくみを解消するならリンパマッサージが最適

ヒールで歩いていたり、デスクワークで動かなかったりするとどうしても足がむくんでしまうものです。
運動不足の他にも、冷えや生活習慣の乱れ、食生活や自律神経の乱れなど、むくみにはさまざまな要因があります。
それを解消する簡単な方法として、リンパの流れを良くするマッサージが効果的です。

まず、滑りを良くするためにクリームやオイルなどを用意しましょう。肌を引っ張ったり擦って傷めたりしないように予防もできます。
また、行う前に水を飲んでおくことで、老廃物が流れやすくなり効果が得られやすいです。

最初に足裏のリンパを流します。
両手の親指を使って、指の付け根の方からかかとの方に向かってじわじわと押しながら流していきます。
足の裏には健康のツボもたくさんあるため、しっかりとやっておいて損はないです。

次に、足の指を一本ずつ回していきます。こうすることによって靴の中で抑えられていた指の血流もよくなり、リンパが流れていきます。

そして、足の甲を親指を使って、足の指の付け根からくるぶしの方へ向かって撫でてていきます。こうすることで、足の甲の骨の間のリンパを流すことができます。

足首を回して、血行を良くしていきます。片方の手で足の指の間に指を入れ、もう片方の手で足を固定してしっかりと回しましょう。

特に冷えやすくてむくみやすいふくらはぎも、下から上へなでるように揉んでいきましょう。ここでリンパをしっかり流すことで、足が細くなったりといいことがあります。くるぶし側から握りこんだ両手のこぶしの骨の部分を使ってこすりあげると、しっかりとリンパが流れていきます。

リンパは膝裏に集まりやすいため、そこをやさしく押してあげると、流れがよくなって症状が緩和していきます。

太ももの内側を膝から足の付け根に向かって撫で上げたあと、足の付け根にたまったリンパを散らすように丁寧に押して揉むようにしましょう。

丁寧にマッサージをすることで、むくみの改善につながる上にリンパが流れやすい体になって予防にもつながっていくため、できるかぎり定期的に行っていくといいでしょう。また、足の悩みだけでなく、全身のだるさがとれたり、パンパンになっていた顔がすっきりするなど、他のメリットもうまれます。

手軽にできるものもたくさんあるため、オフィスでデスクワークをしている際にむくんできたと感じたときは、ストッキングの上からでもリンパを流してあげると解消できたりしますので、できるかぎりでしてみましょう

足のむくみをマッサージですっきりする

デスクワークが主だったりすると、姿勢が変わらず筋肉が衰えて血流が滞って老廃物が溜まってしまったり、ヒールをはいていたりするとそれだけで負担がかかって足がむくんでしまったりしますよね。その他にも、冷えが原因だったり生活習慣の乱れや自律神経のみだれなど、足のむくみの原因は多いため防ぐのは難しいです。

そんな足のむくみを解消するにはマッサージが効果的です。足のむくみを改善するツボを刺激したり、リンパの流れをよくすることで解消できる上、家でくつろいでいるときにじっくりやる方法や仕事場での休憩時間などに自分で簡単に行えるものもあるため、自分にあったやり方を選んでみましょう。

オイルやクリームなどを塗って肌を傷めないように滑りを良くしたほうがいいのですが、ない場合でもストッキングの上からだと、肌を引っ張りすぎずにマッサージできますし、オフィスでも行えます。

まず、足の裏を両手の親指を使ってじっくり押し、全体的にもみます。足の裏はツボがたくさんあり、身体のいろいろな部位とつながっているため、ここを刺激することで様々なメリットがあります。もし痛い場合は、痛みを感じない程度に指圧をおさえましょう。

次に、足の甲を刺激します。全体的に親指で押したり、指の付け根からくるぶしの方に向けて流すようなイメージで刺激すると効果的です。足の甲にもツボがたくさん集中していて、じっくり押してあげると体が温まったり楽になったりします。

ふくらはぎは、足首からひざ下まで逆さになでるようにしてリンパを流すようにしましょう。このとき、手を握ってグーの形にして、指の骨でふくらはぎを刺激するようにすると気持ちがいいです。

また、太ももの内側も、ひざ上から足の付け根に向かって優しく撫で上げるようにすると効果的です。あまり委託しすぎないように注意しましょう。

ひとつずつ丁寧に行った後、足首から太ももの付け根まで一気に撫で上げるようにして、リンパを流してあげるとより足が楽になります。

また、デスクワーク中などでも、足首から先をしっかりのばしした後、足の指を上に向けて足首を縮める動きをするなど、滞った血流を流すポンプを意識したストレッチをすることでも予防になります。

入浴して血行を良くした後や、水分補給をしてリンパを流れやすくしてからだとより効果的にマッサージをできたりもしますので、余裕があるならそういう状況でやってみてはいかがでしょうか。

妊婦さんの足のむくみ解消方法

妊婦さんの足のむくみ解消方法には、心地の良いマッサージをするのが良い改善方法になります。むくむ症状は運動不足であったり、たくさんの塩分摂取が原因になります。妊娠をしている時には、大切な赤ちゃんをお腹に宿しています。だから大切な退治に十分な血液を届ける必要がありますので、妊婦の体内水分量はすごく増えることになるのです。こうして妊娠をした女性は、むくんだ症状にやや見やすくもあるわけです。

妊娠をして血液の量が増え始めるのは、およそ12週目暗いからです。ピークは30週目であり、妊娠をする前に比べて血液の量は、なんと1.4倍にまでアップをします。大切な赤ちゃんの成長の為でもありますし、守るためでもあるので、誰もが通る道とも言えるでしょう。妊娠中期の時には、つらいつわりの時期も通り過ぎますし、安定をしたゾーンに入りますので、つい体をよく動かすことになります。しかし血液量は増えている時ですので、あまり動きすぎると体はむくんでいきます。

妊娠中のむくんだ症状への解消方法は、足の血液の流れをよくするために、マッサージをすることが解決方法になります。お腹が大きい状態だとセルフでは難しいですから、旦那さんに甘えてここいよいタッチで流したり、押したりしてもらうといいでしょう。足の裏側を軽くプッシュするだけでも、かなり気持ちがいいですし、血液の循環もよくなりますので、むくんだ症状も治まりやすくなります。こうしたスキンシップは、妊娠中の夫婦のよいコミュニケーションにもなります。

とにかく冷えやすい時でもありますので、足を冷やさないようにしましょう。冬のあいだは冷えやすい下半身ですが、季節を問わず冷暖房がフル稼働をするので、足元は冷えやすいものです。下半身の時に足は冷やさないようにするために、夏でも靴下を履くといいです。体温調節をもっとするとしたら、レッグウォーマーを使うのもいいでしょう。

足元の冷えはなかなか辛いものがありますので、足元だけ温めるフットバスを利用するのもいいでしょう。深めの洗面器にお湯を入れて、足を入れて温めてもいいです。足が温かくなったら、タオルで水分を拭き取り、冷めない前に靴下をはくようにしましょう。

足には血液が滞りがちですので、足を使うことを意識しましょう。無理をしない程度に、楽しいと思えるくらいのウォーキングで、近所をお散歩するのもいい方法です。長い時間ではなく、短い時間でいいので歩くようにするといいです。

足のむくみマッサージで足痩せする!

足のむくみはマッサージで血液循環も良くするので、足痩せする効果にもつながりやすくなります。難しい手順があるわけでもなく、ハードに動き回るスポーツとも違うので、緩やかに楽しみながら継続をすることができます。特に普段から体を動かさない人や、ダイエットも3日坊主が定番の人であっても、気軽な気持ちで取り組みができますし、リラックスができるので継続をしやすいものになります。

足のめぐりをよくすることになりますし、気分はすっかり癒されもします。余計な脂肪たちは日に日に少なくなりますし、気持ちがいいと思いながらスレンダーな美脚が手に入るのですから、女子的には楽しみながら出来る、最高の方法でもあります。筋肉や脂肪は足ですっかり凝り固まっていますので、揉みほぐしを行うことでリンパの流れはよくなりますし、血液のめぐりもよくなります。ゆっくりと揉みほぐしたりするのがポイントなので、無理に摩擦を加えることはありません。

方向を知っておくと足痩せ効果も高まりますので、下の方向から上の方向へと向かい行うことを基本としましょう。人間の体内を流れている血液は、上の方から下へ流れています。下から上へ流れるのは大変であり、なかなか上へは登るのは大変ですので、その停滞を起こさないようにするためにも、方向は下から上に向かって行うのがいいのです。健康ブームでもふくろはぎのマッサージがいいと言いますが、あれも血液のめぐりを良くするからです。下から上へと流すことで、血液の流れも、リンパの流れも順調にめぐることになります。

もみほぐすときには、手を握りもみほぐすといいですし、親指を使いツボを押すのもいいでしょう。全体に流す時には、足に手のひらをあてて流して行きましょう。リンパを流す時には、太ももだけとか、ふくろはぎだけという部分的ではなく、足全体への軽い刺激を与えて流すようにするといいです。体はつながっていて、足もつながっているので、脚やせをするのであれば全体的に流す方が効果が高くなります。

日々のこうした心がけをするだけでも、詰まりやすい足のリンパの流れは良くなります。すると余計なものが留まらないので、老廃物は流しやすくなりますし、むくみも解消をすることになります。体の外側から適度な刺激を与えながら、良質な水分を飲むようにするといいです。温かい白湯をこまめに飲んだり、常温のミネラルウオーターを飲む習慣をつけてみるといいです。

全身のむくみにはマッサージを受けてみる

体がむくんでしまえば、見た目が変わってしまいます。
どの部分がむくんだ場合でも、太って見えることになりますので、女性にとってみれば大問題です。
いくら痩せる努力をしていても、むくんでいることによって太って見えるのであれば、せっかく痩せる努力をしてもあまり意味をなさないことになってしまいます。

出来るだけむくまないようにするために知っておきたい原因としては、水分が原因になっていたり、運動不足や冷え性が原因になっていることがあります。
水分が原因の場合は、必要以上に水分を取らないようにすることも大切ですが、あまり控えすぎてしまうのもよくありません。
水分を控えすぎることによって、むくみは解消できたとしても、頭痛がしてきたり、肌が乾燥してしまったり、便秘の症状が出たりと、体の他の部分に悪い影響が出てしまうこともありますので、むくまないようにと水分を控えて調節するのは難しいものなのかもしれません。

運動不足に関しては普段から少しでも運動が出来るようにしていく事も大切です。
バス通勤であれば、一つ手前で降りるように歩くようにしてみたり、車で移動することが多いのであれば、自転車や歩きに変えてみることでも運動につながっていきます。
むくみを改善するためには、いろんな方法がありますので、自分でもできることはどんどん試してみることです。

解消するためにできることはマッサージをすることも効果が期待できます。
リンパの流れをよくするように足裏からふくらはぎなどのマッサージをしていけば足がむくんでいる状態を改善しやすくなります。
しかし全身がむくんでいる場合には、自分で行うのは限界があります。

全身むくんでいるのであれば、マッサージを受けに行ってみるといいでしょう。
他人の力を借りてみることによって、むくみが改善していくようにもなりますので、定期的に行くようにしてみるのもよさそうです。
むくんでいる状態を放置しておけば、その状態が当たり前になってしまってもいけません。

立ち仕事などで足がむくんでいる場合、それが当たり前になれば足が太くなってしまうこともあります。
明らかにむくんでいるとわかっているのであれば、放置することなく対策をしていくようにしましょう。
仕事上むくんでしまうのは仕方ないとか、冷え性だから仕方ないとあきらめる必要はないことですので、改善させるためには何が出来るかを知り、改善に向けて努力をしていくようにしましょう。