妊婦さんの足のむくみ解消方法

妊婦さんの足のむくみ解消方法には、心地の良いマッサージをするのが良い改善方法になります。むくむ症状は運動不足であったり、たくさんの塩分摂取が原因になります。妊娠をしている時には、大切な赤ちゃんをお腹に宿しています。だから大切な退治に十分な血液を届ける必要がありますので、妊婦の体内水分量はすごく増えることになるのです。こうして妊娠をした女性は、むくんだ症状にやや見やすくもあるわけです。

妊娠をして血液の量が増え始めるのは、およそ12週目暗いからです。ピークは30週目であり、妊娠をする前に比べて血液の量は、なんと1.4倍にまでアップをします。大切な赤ちゃんの成長の為でもありますし、守るためでもあるので、誰もが通る道とも言えるでしょう。妊娠中期の時には、つらいつわりの時期も通り過ぎますし、安定をしたゾーンに入りますので、つい体をよく動かすことになります。しかし血液量は増えている時ですので、あまり動きすぎると体はむくんでいきます。

妊娠中のむくんだ症状への解消方法は、足の血液の流れをよくするために、マッサージをすることが解決方法になります。お腹が大きい状態だとセルフでは難しいですから、旦那さんに甘えてここいよいタッチで流したり、押したりしてもらうといいでしょう。足の裏側を軽くプッシュするだけでも、かなり気持ちがいいですし、血液の循環もよくなりますので、むくんだ症状も治まりやすくなります。こうしたスキンシップは、妊娠中の夫婦のよいコミュニケーションにもなります。

とにかく冷えやすい時でもありますので、足を冷やさないようにしましょう。冬のあいだは冷えやすい下半身ですが、季節を問わず冷暖房がフル稼働をするので、足元は冷えやすいものです。下半身の時に足は冷やさないようにするために、夏でも靴下を履くといいです。体温調節をもっとするとしたら、レッグウォーマーを使うのもいいでしょう。

足元の冷えはなかなか辛いものがありますので、足元だけ温めるフットバスを利用するのもいいでしょう。深めの洗面器にお湯を入れて、足を入れて温めてもいいです。足が温かくなったら、タオルで水分を拭き取り、冷めない前に靴下をはくようにしましょう。

足には血液が滞りがちですので、足を使うことを意識しましょう。無理をしない程度に、楽しいと思えるくらいのウォーキングで、近所をお散歩するのもいい方法です。長い時間ではなく、短い時間でいいので歩くようにするといいです。