一番の悩ませどころ、足のむくみについて

「なんか足がだる重い・・」「立ち仕事が多くて足がいつのまにかパンパン」「あんまり暴飲暴食してないのに急に足が太くなった気がする!」など、むくみについて一番の悲鳴が聞こえてくる場所が足です。
男性ももちろんですが、女性は少なからず一度はすらっとしたキレイな足に憧れちゃいますよね。何よりふくらはぎがキレイだとより衣服が映えるような気がします。
ですが、紹介したように女性はちょっとしたことが理由でむくみがちな体質を持っており、そんなキレイな足を目指す女性たちにむくみは襲ってきます。

そんな憎たらしい足のむくみは主に「長い時間同じ姿勢の立ち仕事」や座ったまま動きが少ない「デスクワーク」など、同じ体勢を維持した際に起こる全身の血液の流れの悪化からなることが多いようです。
ふくらはぎは「第二の心臓」ともよばれているほど血液の流れを促す役割があるので、そこが動かないことによってふくらはぎや足首にむくみが起きてくるんですね。
これは男性でも思い当たる方はいるでしょう、飛行機をはじめとする電車など、移動に使う乗り物に、長い時間乗った際にエコノミー症候群を起こしてしまうことがありますよね。そのエコノミー症候群も数時間、または十何時間も同じ体勢で着席することにより血液の循環が悪くなり起こるそうです。

また、これらの姿勢などが原因で無くても、忙しい日々に時間だけが過ぎていく様な生活の習慣からくる、運動不足や、ストレスや、なんとかしなければと思いつつもいつもの偏った食事など、足のむくみに繋がる原因になり、さらには最近多くみられる「着圧」の名目で販売されている下着や靴下などを自分に合わないサイズで着用してしまい、血流を圧迫しむくみを引き起こしてしまう場合も。
そしてこれを続けていくことに慢性的なむくみを起こし、怖い病気に繋がってしまう恐れもあるのです・・・!
なかでも、むくみとの関係で知られているのが、「下肢静脈瘤」という病気です。
写真などで症状を見てみると、ふくらはぎに所々ボコボコが浮き出てきて、とてもきれいとは言えない見た目に。これは老廃物を含んだ静脈が詰まりボコボコになるのですね。この病気により足にはむくみの他にだるさ、鈍痛、かゆみなどの症状が起きるようになるそうです。
こういったものを見てみても如何に日頃からこまめにマッサージをするかが大事になってきますね。